説例で学ぶ「freee活⽤講座」

会計freee乗り換え講座

クラウドサービスと従来のサービスの違い
「データの同期機能などが便利そうだから、クラウドソフトの会計freeeに乗り換えたい!」
顧問先からそんな要望を受けたら、どのような作業をおこなえばよいのでしょうか?

乗り換え作業のステップは、次の4つ。
とくにわかりにくいところは重点的に解説するので、しっかりマスターしましょう!


【Step 1】口座を登録する

「口座を登録」のページを開く

①ホーム画面の「口座」をクリックし、メニューを展開します。
②「口座を登録」を選びます。

該当する口座を選ぶ

①「口座を登録」の画面が表示されたら、該当する口座をクリックします。

「口座」を編集する

①登録した口座の名称やオンラインサービスの有無を編集します。
※銀行等のオンラインサービスを登録・同期すると、取引明細を自動で取り込むことができます。複数の口座を登録する場合は、この手順を繰り返します。

Point 1|会計freeeにおける「口座」とは?
「口座」は会計freee独特の概念です。これは、取引を決済する際の相手勘定となる補助科目を指します。現金や銀行口座だけでなく、クレジットカード、Amazon、Suica等の外部連携サービスから、受取手形や支払手形、仮払金や前払金などまでも「口座」として登録できます。「口座」は会計freeeにおいては必須の便利機能で、会計業務の効率化が図れると同時に、入出金の管理・分析が容易になります。

【Step 2】開始残高を設定する

CSVファイルをインポートする

①「設定」→「乗り換え設定」を選びます。
②「乗り換え設定」の画面が表示されたら、乗り換え元のソフトを選び、「開始残高設定用データをインポート」を開きます。
③元のソフトから出力した期首の貸借対照表をアップロードします(ドラッグ&ドロップまたはクリックしてファイル選択)

弥生会計なら「開始残高インポート・エクスポート」→「インポート – 他社ソフト形式」から補助残高一覧表のインポートができます。

読み込まれた画面を確認し、登録する

①開始残高のCSVファイルが読み込まれます。
②「2-2 各列の読み込む項目を設定」から必須項目の列を指定します。
③「2-3 新規勘定科目の設定」から会計freeeで推測した読み替え項目を確認し、必要に応じて科目の選択や新規作成をします(会計freeeで推測できなかった場合には新規で作成します)。
④「登録する」ボタンをクリックします。

Point 2|会計freeeにおける「口座」とは?
入出金待ち(掛け)の取引がある場合、「未決済取引」を作成しておくと、入出金時に消し込み相手として推測されるのでカンタンに消し込み作業がおこなえます。

①未決済の残高がある場合、「設定」→「開始残高の設定」に進み、「開始残高を編集」ボタンをクリック。次の画面で「保存」を選ぶと、「freeeで記帳を開始する時期を選んでください」の画面が表示されます。「今期開業または会計期間の始めからfreeeを使い始める方」にチェックを入れて、「保存」をクリックすると、開始残高の下部に、消し込み用の取引が取引先別に作成されます。

②未決済取引と入出金のデータはマッチング推測されます。表示された金額などを確認して問題がなければ、「登録する」ボタンをクリックしましょう。これで消し込み作業は完了となります。

【Step 3】仕訳データをインポートする

※会計期間で途中までの仕訳がある場合や、過年度仕訳を入れる場合が対象。

CSVファイルをインポートする

①「乗り換え設定」画面の「仕訳データをインポート」をクリックします。
②仕訳データの入ったCSVファイルをアップロードします(ドラッグ&ドロップまたはクリックしてファイル選択)。

読み込まれた画面を確認し、登録する

①仕訳データが読み込まれます。
②「4-2 カラムの設定」から必須項目の列を指定します。
③「4-3 勘定科目・税区分の確認・修正」から、会計freeeに登録のないデータが出てきた場合の処理方法を指定します。
④たとえば、補助科目のタブをチェックします(Point3参照)。
⑤「登録する」ボタンをクリックします。
⑥設定済みの仕訳データは、「レポート」→「仕訳帳」から確認できます。

Point 3|補助科目のタグをチェック!

会計freeeで補助科目に相当する情報には、取引に付与する品目や取引先、口座名などがあります。品目や取引先はタグとして取り込まれます(ピンクや緑で表示されている部分)。このタグをうまく使いこなせるようになると、会計freeeのメリット(情報の管理や分析)をより感じることができるでしょう。ここでは、自動判別されたタグを確認して適宜修正します。

Point 4|記帳開始日を設定しよう

「記帳開始日」とは、会計freeeを使い始めた日(記帳を開始する日)のことです。記帳開始日を設定することによって、インポートしたデータと、銀行の取引データの重複を防ぐことができます。

【Step 4】残高を確認する

損益計算書、貸借対照表を確認する

①「レポート」→「試算表」から、損益計算書、貸借対照表が確認できます。

総勘定元帳を確認する

①「レポート」→「総勘定元帳」から、総勘定元帳が確認できます。
インポートしたデータは振替伝票となるため、「取引の一覧」には表示されませんが、仕訳帳や総勘定元帳で確認できます。

「なんだか難しそう」「やってみたけどうまくいかなかった」という人は?
営業担当にご連絡ください。
仕訳1期分は弊社のほうで無料で初期設定をおこないます。2期以上をご希望の場合は有料となりますので、別途お見積りいたします。

説例で学ぶ「freee活⽤講座」一覧

会計freee乗り換え講座

会計freee乗り換え講座

「データの同期機能などが便利そうだから、クラウドソフトの会計freeeに乗り換えたい!」顧問先からそんな要望を受けたら、どのような作業をおこなえばよいのでしょうか?

2018.08.20 もっと読む
「年末調整・法定調書」機能を使ってみよう!

「年末調整・法定調書」機能を使ってみよう!

つばめ税理士事務所では顧問先のフリー工業から年末調整・法定調書の仕事を請け負っていますが、毎年11月からの繁忙期は事務作業で手一杯。それに加えてマイナンバーの収集もおこなわなければならず、先が思いやられる状況です。そんなときに、“freeeシリーズ”を上手に使えば作業を効率化できるということを知りました。さて、どのように作業すればいいのでしょうか。

2017.11.06 もっと読む
「連続取引登録」機能を使ってみよう!

「連続取引登録」機能を使ってみよう!

自計先と記帳代行先が半々というつばめ税理士事務所。志を持って独立開業しましたが、大量に届くレシート類の記帳作業にいよいよ心が折れそうになっていたところ、タイミングよく「連続取引登録」について小耳に挟みました。さて、どんな導入の仕方があり、作業の流れはどうなっているのでしょうか。

2017.08.01 もっと読む
申告freeeを使いこなそう

申告freeeを使いこなそう

東京都品川区に本社を構える「つばめソフト」は、創業して2年の IT 企業。
今は営業に力を入れて会社を成長させている最中です。さて、この会社の申告書の作成方法は......?

2017.05.17 もっと読む