ユーザーインタビュー

株式会社 離島キッチン

株式会社 離島キッチン
株式会社 離島キッチン

従業員15名、全国の「離島」の食文化を楽しめる飲食店で、
どのようにfreeeが利用されているのか。
そのバックオフィス業務を調査してきました。

佐藤 喬 様

株式会社 離島キッチン 代表取締役

佐藤 喬 様

辻原 真由紀 様

株式会社 離島キッチン ディレクター

辻原 真由紀 様

佐藤様:離島キッチンは、島の食材、食文化の背景にある「文化」「歴史」「物語」も一緒に楽しめるお店として、さまざまな島の食材やお料理を提供しています。また、レギュラーメニュー以外にも、毎月1名のスタッフが1つの島へ行き、「今月の島」として特別メニューを提供します。そのため出張が多く、出先から経理業務にアクセスでき、使いやすいfreeeを導入しました。出張先で経費の精算をしてしまえば、戻ってからやらなくてもいいですよね。そうした使い勝手の面でもfreeeが断然優れていました。

イメージ

辻原様:それまで経理は未経験だったので、経理ソフトに触ったこともありませんでした。初めは分厚い束のプリントアウトされたfreeeのマニュアルを見て怯みましたが、それをパーッと見てひとまず触ってみたら感覚的に使えました。
日々の経理業務以外の部分では、レポートをよく見ています。月々の仕入がどれくらいで、どこの業者がいくらだとか、仕入が多いので特に支出レポートを見ることが多いです。また、以前わたしが島に行ったときのことですが、わかめの仕入を検討することになりました。その際、急ぎで過去のわかめの仕入金額を知る必要が生じたのですが、これも出先で確認できました。こんなときにもクラウドならではの利点を感じました。

イメージ

今後の展望

辻原様:離島キッチンのスタッフは、それぞれが島に行き食材を仕入れたり、築地市場で島の魚を仕入れてきたり、バラバラに動いています。その領収書は、freeeを使えるわたしや経理部のスタッフが預かって入力します。しかし、全員がfreeeを使えたら(簡単なので)、誰かが不在でも仕事が滞ることはないと思うので、まずは、経費精算だけでもそれぞれが行えるようにしたいです。また、会計事務所の福島会計さんからは、いろいろご提案をいただいているので、どんどんバックオフィス業務の効率向上に期待しています。

イメージ

佐藤様:仕入が多い法人に便利な「総合振込ファイル」の作成など、まだまだ使いこなしていない機能があるということなので、使っていないものは全部試してみたいと思っています。また、これは希望ですが、たとえば試算表などをつくる際の目標値で、これ以上経費を使うといけないときにはアラートが出たり、数ヶ月後に資金繰りが悪化しそうな時には、税理士さんや金融機関から借入の仕組みが提供されるなど、freeeの中でビジネスがすべて完結できるようになるといいなと思っています。

イメージ

【POINT1】「自動で経理」で帳簿付けを簡単に

辻原様:「自動で経理」では、あらかじめ登録しておいた未決済の売掛金・買掛金を消し込んでいます。また日々の売上には、現金売上とクレジットカードでの売上があります。現金売上は毎回毎回手作業で入金をしにいきますが、クレジットは半月に一回振り込まれるので、そのときに全部、売掛金を消し込みます。取引内容から勘定科目を自動で推測してくれ、回数を重ねることによって学習してその精度も増していくので、日々の取引登録はとても単純な作業で済みます。収入・支出を登録してしまえば、入金され次第、消し込み候補が表示されるので、問題なければ[登録]をクリックして消し込み、簡単に帳簿付けが完了します。

イメージ

【POINT2】「給与計算freee」で毎月の給与明細を発行、納税書類も自動で作成

佐藤様:離島キッチンの従業員はアルバイトを含め15名です。その全員分の給与明細は「給与計算freee」を使って発行しています。

辻原様:「給与計算freee」は、基本情報を入力するだけで、各種税金や保険料を自動で算出してくれるので給与明細が簡単に作成できます。また、源泉徴収した所得税額を申告し納付する際は、必要な書類を給与明細の金額から自動で作成できます。計算をしなくて済むので非常に助かっています。

佐藤様:従業員が入社した際の手続き書類も「給与計算freee」を使うことで、従業員情報から簡単に作成できるようなので、今後はそれも活用してみたいと思っています。

イメージ

【POINT3】ワークフローの確立―顧問先が日々入力し、会計事務所が定期的にチェック

辻原様:福島会計さんは、freeeに紹介してもらいました。日々自分たちで経理処理を行っていますが、わからないことや、ややこしい処理などが発生したときには、都度電話やメールで依頼することもあります。

福島会計様:そういった場合も含め、基本はコメント機能を使って、取引にコメントをつけてコミュニケーションをとることが多いです。売上は、ほぼ毎日ご入力いただいているので、適時確認します。また、月次推移などから全体的な数字を見て、異常値があれば内訳を見ますし、月ごとの数字の変動の大きなものなどもチェックします。そして、毎月1回お伺いする際に、月次のレポートや、改善点のご提案などを行います。

佐藤様:まずグラフで視覚化したもので全体を説明いただいたうえで、細かい数字の話をしていただけるので、非常にわかりやすくて助かります。また、私たちの気づかない改善点を指摘してくれて、改善策を提案してくださるのでとても頼りにしています。

イメージ

Company Profile

株式会社離島キッチン

東京都新宿区神楽坂6-23 
03-6265-0368
東京にいながら日本全国の離島の食材を味わうことが出来るお店。毎月今月の島を決め、毎月違う島の食材を提供している。その食の背景にある「文化」「歴史」「物語」も一緒に楽しめるようしている。

ユーザーインタビュー一覧