freeeのいちばん優しい⼿引書「サポにゃんと⼀緒」

スマホで給与明細が見られる!?

スマホで給与明細が見られる!?

給与明細は安全、便利に従業員の元へ

決算、申告が終わってデータが確定したら「年度締め」を行ないましょう。
年度締めが完了すると、右上に表示される会計期間が繰り越され、当期の期首日より前の日付の取引は登録、編集、削除ができなくなります。

「自動で経理」で取り込んだ明細についても、期首日よりも前の日付のものは表示・登録できなくなりますので、必ず、「全て登録したか?」を確認してから年度締めしてください。
クレジットカードなどの明細は、利用日から同期(明細取得)までにタイムラグが発生するケースがあります。
「口座」→「明細の一覧」から、取り込み済の明細の確認が可能です。

「年度締め」と「月締め」を便利に使い分けましょう

freeeには、会計期間の切り替わる「年度締め」のほか、「月締め」の機能があります。


「決算に時間がかかりそうだけど、確定分のデータはロックしたい」といった場合には、月締めをご利用ください。(「決算」メニューから操作が可能です)

月締めを行なうと、その期間のデータについては登録、編集、削除ができなくなります。
年度締めとの主な違いは以下3点です。

・会計期間が切り替わらないこと(=同期で取得した明細が処理待ち表示されるのですぐに気づける)
・日付単位で締めを行なえること(=今日は◯日分まで処理が終わった、の管理にも)
・「仮締め」「本締め」の二段階になっていて、仮締めすれば管理者以外の操作をロックできる(=期末日まで仮締めして決算処理することも可能)

※2018年8月現在、個人事業主スタータープラン以外の全てのプランで「月締め(本締め)」機能がご利用いただけます。
※2018年8月現在、「仮締め」がご利用いただけるのは個人事業主プレミアムプラン、法人プロフェッショナルプラン、法人エンタープライズプランとなります。

freeeのいちばん優しい⼿引書「サポにゃんと⼀緒」一覧

スマホで給与明細が見られる!?

スマホで給与明細が見られる!?

給与明細の印刷、封筒詰め、手渡し・・・手順が増えるほど、情報漏えい、取り違えなどのリスクも高まります。また、人事担当者から従業員になかなか明細を渡せずに、互いに不便を感じたり、不満の原因になることも。人事労務freeeなら、自分のパソコンやスマホから、いつでも給与明細を確認することができます。

2018.06.06 もっと読む
タイムカードがどこでも押せる?

タイムカードがどこでも押せる?

人事労務freeeでの打刻はとっても簡単。スマホでアプリを開いて、「出勤」「退勤」ボタンをタップするだけです。所定の出退勤時間に合わせて、プッシュ通知でお知らせすることも可能です。

2018.06.06 もっと読む
権限設定でプライバシーもバッチリ!

権限設定でプライバシーもバッチリ!

顧問先から、「人事労務freee」への招待を受けたら、さっそくログインしてみてください。人事労務freeeは、給与計算、タイムカード機能のほか、年末調整や労働保険年度更新、入退社手続きなど「人事・労務」の業務を幅広くカバー。もちろん、会計と同じくクラウドサービスです。

2018.03.26 もっと読む
オレンジ色の数字から仕訳ができた!

オレンジ色の数字から仕訳ができた!

freeeに口座を登録したら、ネットバンキングや、クレジットカードのwebサービスの情報を登録しましょう。
freeeが定期的に、webサービスからデータを取得しますので、入出金データを漏れなく、正確に取り込んで保存できます。

2018.03.26 もっと読む