トップページ 読んで学ぶ 製品コンセプト 会計freeeの特長 freeeにおける「口座」とは何か?
会計freeeの特長

freeeにおける「口座」とは何か?

freeeにおける「口座」とは何か?

「口座」は会計freee独特の概念であり、利用必須の機能です

「口座」は会計freee独特の概念であり、利用必須の機能です

会計freeeの「口座」は、会計理論の考え方や他の会計ソフトに照らして考えて、当てはまるものがない独特の概念です。
そのため、独特の便利機能だと割り切って、用途を覚えてしまうのが一番です。
一方で日々の取引入力に関係する利用必須の機能となっているため、使えるようにならないと会計freeeを活用できないので、必ず利用できるようになりましょう。

「口座」の機能その1:同期+自動で経理

インターネットバンキングを利用している預金口座やクレジットカードを「口座」に登録することで、明細を会計freeeに自動取得することができるようになります。freeeではこの明細取得を「同期」すると呼びます。
これによって、従前は通帳や紙の明細から手打ちで転記していた入出金情報を、自動で会計freeeに取り込むことができます。また、取り込んだ明細情報は、freeeのAIにより会計処理が自動化されるため、経理業務を大きく効率化します。

「口座」の機能その1:同期+自動で経理

「口座」の機能その2:補助簿+残高確認

「口座」の機能その2:補助簿+残高確認

「口座」は補助科目の一部であり、取引を決済する際の相手勘定となる補助科目を「口座」として登録します。そのため、補助簿(補助記入帳)としての機能も果たします。
なお、どの補助科目を「口座」として登録すべきか明確な定義ができません。
「口座」に登録しないと使えない機能やその場合の代替的な会計処理方法と対象事業会社の関連する取引内容や取引の量を勘案して、「口座」に登録する補助科目を決める必要があります。
ただし、日々の営業活動で利用している預金口座とクレジットカードは必ず登録しましょう。

用法が明瞭でない経緯

用法が明瞭でない経緯

会計freeeは、日々、入力と転記作業に追われている経理業務を解放するための主要機能として、銀行明細等を自動で取り込む機能を分かりやすく「口座」として用意しました。
また、会計知識がない人でも経理ができるようにするため、発生取引を決済済と未決済に区分し、未決済取引は「口座」から決済される、というシンプルな整理をしました。
これにより、現金主義ではなく、発生主義による厳密な会計処理を実現しつつ決済情報は自動で取得し、さらには摘要情報等を利用して処理自体も自動化する圧倒的な経理効率化を実現しました。

インターネットバンキングの普及等で、主な取引の決済手段が振込となっている現状では合理的な整理と言える一方で、それ以外の取引・処理(手形や小切手の利用、小口現金制度、手付金等の商習慣、仮勘定処理等)も厳密に会計処理するにはシンプルすぎる整理だったため、「口座」の概念や用法を徐々に拡大してきました。
そのような経緯から、当初の銀行の預金口座やクレジットカード、amazon等の外部連携サービスから、受取手形や支払手形、仮払金や前払金などのその他の明細を自動取得できるわけではない補助科目も「口座」として登録できるように機能追加してあります。

その他の補助科目を口座登録するかの判断基準

1.freeeで適切に会計処理をするために口座登録をする例:

手形取引を例にすると、会計freeeで手形取引を処理する場合には3つの方法が考えられますが、以下の通り、経常的に生じる取引であれば「口座」登録することが推奨されます。仮払金や前受金も同様です。

×

①「振替伝票」で「受取手形1,000 / 売掛金1,000」「預金1,000 / 受取手形1,000」のように
仕訳を切る:➡原則NGの方法

この方法で仕訳を計上することはできますが、この方法ではfreeeでせっかくできる個別の未決済債権の管理が崩壊します。また、同期している預金口座に関して振替伝票を切ってしまうと残高不一致の原因にもなり、後々の確認で面倒が起きます。以上より、この方法は原則NGです。決算期末の臨時的な処理で翌期に振り戻す前提で、緊急避難的に利用することは考えられます。

△

②「決済」の「+更新」機能を利用する:
➡取引頻度が僅少な場合のみ利用することが考えられる方法

「口座」と言うfreee独自の概念に加えて、「+更新」と言うfreee独自の処理をしなければならず、これまでの会計ソフトや簿記を学んできた方には理解に苦しむ処理となります。
(「+更新」の考え方は、売掛金だった債権が受取手形を受け取った時点で受取手形に更新されるという概念になります。売掛金を手形で回収した取引と考える既存の考え方から大きく乖離する考え方と言えます。)
年に数件しか手形取引がない場合、口座登録の手間や会計freeeのホーム画面の視認性の悪化を考慮して採用することが考えられます。

○

③「受取手形口座」を「口座」登録して利用する:
➡基本的に採用する方法

頻繁に手形取引がある場合、口座を作るのが最良の方法だと考えます。

※②③のやり方の詳細はヘルプページを参照ください。https://support.freee.co.jp/hc/ja/articles/204574420

2.適切な管理をするために口座登録をする例:

小口現金を例にすると、設定した小口現金制度ごとに口座を作ることで、補助簿として管理しやすくなりますし、確認や分析も容易になります。また、対象支店の担当者には当該支店の小口現金の入出金の記帳のみを担当させ、他の情報は開示したくない場合にも口座を分けることで権限設定が可能となります。

https://support.freee.co.jp/hc/ja/articles/215225263

会計freeeの特長一覧

クラウドサービスの特長

クラウドサービスの特長

クラウドサービスは、従来は利用者が手元のコンピュータで利用していたデータやソフトウェアを、ネットワーク経由で、サービスとして利用者に提供するものです。利用者側が最低限の環境(PCや携帯情報端末などのクライアント、その上で動くWebブラウザ、インターネット接続環境など)を用意することで、どの端末からでも、さまざまなサービスを利用することができます。

2017.11.15 もっと読む
クラウドって何?

クラウドって何?

「クラウド(cloud = 雲)」という言葉、最近はインターネットやニュースだけでなく、テレビCMでもカジュアルに使われるようになりました。会計事務所の方は「マイナンバー対策クラウドで」というDMや広告を見たことがあるという方も多いと思います。一方、クラウドに対して、どんな特徴があるのか分かっていなかったり、何となく不安を抱いていたりしませんか?

2017.11.15 もっと読む