トップページ 読んで学ぶ フィンテック最前線 連携パートナーインタビュー ジャパンネット銀行とfreeeの提携はスモールビジネスのお客様や会計事務所へ大きな相乗効果をもたらす。
連携パートナーインタビュー

ジャパンネット銀行とfreeeの提携はスモールビジネスのお客様や会計事務所へ大きな相乗効果をもたらす。

クラウドサービスと従来のサービスの違い

ジャパンネット銀行は2000年10月に、日本初のインターネット専業銀行としてスタートしました。主にご利用いただくのは、一般の個人のお客様やスモールビジネスのお客様で、提携アライアンスをベースに利便性の高い決済等をご提供しています。なぜ、提携が必要かというと、1+1=2以上の相乗効果を生み出すことでのWinWinを目指すからです。一番のWinはご利用いただくユーザー様、そして提携先様とわれわれもWinになる。そんな関係を作っていきたいと考えています。

freeeの掲げるバックオフィスの効率化 ―スモールビジネスに携わるすべての人が、創造的な活動にフォーカスできるよう― は、われわれの考え方と非常によく似ています。スモールビジネスの経営者や起業家は、日本社会にとって、新たなビジネスモデルを創る可能性の高い方々です。そのような方々をわれわれもなんらかの形で支援していきたいと考えています。freeeが提供するバックオフィスの効率化のように、決済やファイナンスをどれだけ手間ひまかけずに行えるようサポートできるか、ということを重要なミッションと捉えています。

スモールビジネスのお客様へfreeeとの連携が提供する効果

インターネットには様々な利便性がありますが、一番大切なのは「だれでも」平等に参加できるということではないでしょうか。店舗を持っている従来型の銀行はどうしても敷居が高く、大口を優先しがちです。また、お忙しいスモールビジネスのお客様が、平日15時までに銀行窓口に出向き、番号札を引いて順番を待つことは難しく、その点、インターネット銀行には24時間365日、店舗へ出向かずに取引できる利便性があります。インターネット銀行は違う言い方をすれば、クラウドバンクと言えます。そのためクラウドバンキングとクラウド会計は極めて親和性が高い。決済、ファイナンスにとって会計は表裏の関係なので、ここがうまくマッチングすれば、スモールビジネスのお客様の利便性はよりいっそう高まります。

クラウド上で、クラウド会計ソフトを使って自分の会社の経営状態を見る、あるいは分析して今後の経営に役立てる。加えて、金融についても済ませてしまう。そうしたことこそ本当に利便性が高いことといえるのだと思います。

ますます重要な位置づけになる会計事務所

freeeが日本のクラウド会計ソフトの中でも先進的だと感じるのは、請求書、給与計算、会計などの全てのバックオフィス作業を自動化しようとしている点です。企業活動は最終的にBS、PLに反映されます。銀行から見るとBS・PLの基本的な数値形成が自動化され、一定の正確性が担保されている会計ソフトは極めて信頼性が高いといえます。そして、freeeがバックオフィス周りの作業をfreeeで一元管理する「バックオフィス最適化」を目指しているところに今後の発展性を感じます。信頼性が高く、しかも自動的にできれば、BS、PLを通して、会計事務所やスモールビジネスの経営者が会社の業績を分析でき、気づきが得られる。どういう改善点があるのか、的確に分析することが可能になります。このように、クラウド会計ソフトは利便性や分析手法に優れる画期的なものだと思います。しかし、この信頼性をもう一段担保する、リアルタイムで担保するという意味で、会計事務所の位置づけは極めて重要だと思います。経営者の気づいていない財務上の問題の指摘、経営アドバイスをすることは、経営者にとって非常に有益であるし、銀行にとっても会計事務所のチェックを受けているということは信頼性を担保するという点において非常に重要といえます。

ワンタイム口座とfreeeの連携がもたらす新たな価値

大きなネットショップや回収代行の企業には、入金と売掛金の消し込み作業を効率的に行いたいというニーズがありました。そこで、売掛金口座のリファレンスを口座番号として紐付けて、自動的に消し込みを行えるようにしたのがワンタイム口座サービスです。これまでも、お客様からのご要望に応えて数々の改善を行ってきましたが、今回、freeeとワンタイム口座を連携させることで会計ソフトと連携出来る初の本格的消し込みサービスを提供します。そこで、サービスの提供を始めた2013年以来、相当な月間トランザクションのあるお客様だけに限って提供してきたワンタイム口座サービスを、freeeをお使いの一般の法人、個人事業主の方にも非常に低価格でご提供することにしました。

このサービスを利用することで、たとえば、個人からの入金が多いBtoCのお客様において、同姓同名の振り込みや手数料を引かれて実際の請求と入金額が違うようなときに1件1件確認する手間が省けます。また、入金を確認して商品を提供するサービス事業者の方にとっては、一刻も早く入金確認し商品を発送することはビジネスのサイクルを早めますし、顧問先のビジネスを加速させる強みとなります。

freeeとの連携強化で目指すこれからの方向性

ジャパンネット銀行は、スモールビジネスのお客様に大企業並みのサービスをウェブ上で完結できるようこれまで同様に提供し、さらなる拡充をしていきます。

ワンタイム口座サービスに限らずfreeeのようなクラウド会計ソフトと実際の資金の流れをうまくマッチングさせることで、クラウド上においてジャパンネット銀行との取引が終わることを目指しています。クラウドバンクとクラウド会計ソフトが1つのクラウド上で、すべて自動的に手を煩わすことなく、財務分析、各種レポート、それにともなう決済、ファイナンスをあたかもすべて完結するような形にできれば、もっとスモールビジネスの方や会計事務所のご負担もなくなり、よりよいレポートができてくるようになります。

現在はfreeeとともに、ファイナンスの新たな方向性を検討中です。今後もセキュリティやVISAデビットなど、スモールビジネスのお客様に役立つ新たなサービスの提供に向け、さらなる連携強化を考えています。

Company Profile

株式会社ジャパンネット銀行

東京都新宿区西新宿2-1-1
03-3344-5234
日本初のインターネット専業銀行。新たな形態の銀行の第一号として、従来の銀行にないスピード感・創造性を発揮し、特に「お客さまの利便性向上」と「高度なセキュリティ確保」へのこだわりを持って、さまざまな商品やサービスの開発・提供に努めている。

連携パートナーインタビュー一覧