freeeの紹介

Value standard

Value Standard

組織に根差す5つの価値基準

freeeには組織として⼤切だと思っている5つの価値基準が存在します。バックグラウンドもスキルも異なる多様なメンバーが、⾃⾝の⼒を最⼤限に発揮しつつfreeeらしいインパクトを創出できるのは、この価値基準のおかげです。そこで、「みなさんにもっとfreeeのことを知ってもらいたい」ー そんな想いを込めて、この価値基準を1つずつご紹介いたします。

本質的(マジ)で
価値ある

ユーザーにとって本質的な価値があると
自信を持って言えることをする。

freee にとって精神的支柱となる概念。社員は親しみを込めて「マジ価値」と呼ぶ。この言葉とともに、freee ではつねに「本当の課題は何か?」ということと向き合っている。たとえば従来、会計ソフトの課題は「入力が早くできないこと」とされていたが、「本当に入力が必要なのか?」と考えたのがfreee 創業のきっかけ。 今でもその考え方がfreee の精神の根幹になっている。

Pick up Voice!

マジ価値を追究する
freee社員たち

Kaori Suto
企画チーム
須藤香織
Kaori Suto

前職の総合商社で海外の方と仕事をするなか、日本人の働き方に課題を感じました。生産性を改善し、スモールビジネスがより身近で素敵なものになれば、いきいき働ける人が増えると思います。その課題に正面から向き合うのがfreee。常に本質を問い続け、価値を届けていきたいです。

Yuichiro Ebihara
開発チーム
海老原雄一郎
Yuichiro Ebihara

スピーディに新機能を搭載し続けるfreee のまさにソフトウェア開発を担っています。お客さんは自分の欲しい機能を必ずしも言葉で伝えてはくれない。でもユーザーの期待を超えるものを作りたい! そのために日々、知識と経験を総動員して、プロダクトに反映しています。

Shuhei Yonemori
営業チーム
米盛修平
Shuhei Yonemori

周囲に中小企業が多い環境で育った私は、中小企業が本業に集中しにくい状況に置かれていると感じてきました。そんな私にとって一番大事なのは中小企業の業績アップ。そしてそれを支える会計事務所を手助けすること。freee は企業の問題をもっとも具体的に解決できるツールです。

Yusuke Umeda
導入支援・コンサルティングチーム
梅田裕介
Yusuke Umeda
メンバー紹介へ

公認会計士として監査法人で働いていた私は、会計という知識はもっと広く学ばれるべきものだと考えてきました。freee は感覚で操作できるのに、自然と会計知識が身につく面白いツール。単に業界をサポートするだけでなく、よりよい変化を起こしたい―それが私のマジ価値です!

アウトプット→思考

まず、アウトプットする。
そして考え、改善する。

freeeでは、物事に取り組む際に、まず「アウトプット」することを重視している。そして、アウトプットしたものを、フィードバックを得ながら改善し、よりよくするアプローチを大切にしている。経験則から、素早く・本気でアウトプットして、成功か失敗か分かればいろいろな学びが得られ貴重な資産になる。可能な限り、まずアウトプットして改善することが、既存の市場を塗り替えるスピード感と中長期的なクオリティを上げていくfreeeの成長の鍵となっている。

Pick up Voice!

アウトプット→思考を追究する
freee社員たち

Masaki Imaoka
営業チーム
今岡 柾
Masaki Imaoka

常に心がけているのは、1 人で時間をかけて完全なものにするのではなく、最初の未完成な段階でも積極的に周囲にアウトプットしていくこと。そのフィードバックを受けながら1カ月後に完璧にすればいいのです。私が提案した「freee ゼミ」(アドバイザー向け勉強会)もアイデア段階から発信することで動き出すことができました。

Satoru Takagi
開発チーム
高木 悟
Satoru Takagi

現在は商品企画の担当ですが、以前はアドバイザーキットをつくったり、この『経営パートナー』を立ち上げたりと、とにかく自分から動いてアウトプットしまくってきました。ただし、大事なのはその後の改善。まずリリースしてみてPDCA を高速で回して改善していかないと「進化」はできません。

Daichi Sumi
営業チーム
鷲見大地
Daichi Sumi

上司に人事労務freee の提案をしたところ、「じゃあ、やってみなさい」と担当者に(笑)。担当は私1 人だったので、社内外の方々を巻き込むことにしました。軽いアウトプットだと軽いフィードバックしか返ってきません。企画段階のプランを手に会計事務所の先生方に直接ご意見をうかがいに行くことで、顧客のニーズをしっかり引き出せたと自負しています。

Tomoe Ozawa
サポートチーム
小澤知恵
Tomoe Ozawa

この会社では、誰かが発信したアイデアにまわりがフィードバックを重ねて、サービスや製品がカタチになっていきます。黙っていたら自分の頭の中だけで何も残りません。私も「一度言い出したらもう逃げられなくなる」と覚悟を決めて、アドバイザーへの有償サービスとして画面共有サポートを提案し、実現させました。

あえて、共有する

人とチームを知る。知られるように共有する。
オープンにフィードバックしあうことで一緒に成長する。

freeeでは、成功も失敗も「あえて共有」する文化がある。一方、共有された側も、オープンにフィードバックをしている。
代表的なものとして、「あえ共メール」がある。自分の考えを全社400名に向けて一斉送信することで、様々なフィードバックを受けることができるのだ。大勢に自分の考えを共有するのは、とてもハードルが高いが、「あえ共」という言葉が背中を押してくれる。思い切って共有することで、様々な化学反応が生まれてる。

Pick up Voice!

あえて、共有する
freee社員たち

Kazuhiro Kitazumi
営業チーム
北住和弘
Kazuhiro Kitazumi
メンバー紹介へ

freeeの地方支社第1号として、関西支社では今チームビルディングに注力しています。私たちがお客様に本当の価値を届けるためにも、スタッフがアイデアを出し合える環境は絶対必要。そのために綿密な1 on 1で、個人的な情報まで「あえ共」し、彼らの成長や夢にフォーカスした生産性の高い環境を生み出しています。

Yumi Motegi
営業チーム
茂木優実
Yumi Motegi
メンバー紹介へ

私が関西支社に異動して半年、それまでお客様からのお問い合わせ件数は多くて1日10件だったところ、30件ほどまで増えたことを、この場を借りて「あえ共」させていただきます! この文化のおかげで他の人の仕事の仕方も参考にできるので、それがお客様に喜ばれるサポートにつながっているのかなと感じています。

Yuma Sakata
営業チーム
坂田佑馬
Yuma Sakata

中部支社では当初1人だった人員が5人に増え、それぞれのバックボーンを活かした形でパートナーのみなさまのサポートができるような体制になりつつあります。「あえ共」の文化は、有機的に動ける人材を培い、チームをスペシャリストとして育てるためにも非常に大事。自分自身を成長させることにも役立っています。

So Taguchi
営業チーム
田口 創
So Taguchi
メンバー紹介へ

一見、関係ないような話でも、あえて共有することで点と点がつながるというのはよくあること。この「あえ共」の文化は、組織を活性化させる要素であると同時に、我々が地域のお客様に価値ある情報をオンタイムで届け、九州発の情報を発信していくことにも役立っています。それが地方創生の一助になることを願っています。

Hack Everything

取り組んでいることや持っているリソースの性質を
深く理解する。その上で枠を超えて発想する。

「マジ価値」を実践するための行動指針が「Hack Everything」と「理想ドリブン」。
自分が取り組んでいることや持ちうるリソース(=Everything)の性質を深く理解したうえで、それらを最大限活用するような枠超えの発想(=Hack)で、より生産性の高い課題解決を目指している。中でも一番大事なHackは”楽しくする”こと、何事も楽しくなるだけで生産性は上がる。「freeeを使って経理が楽しくなった」そんなHackを多く届けていきたい。

Pick up Voice!

Hack Everythingを追究する
freee社員たち

Yasuyuki Kawanishi
企画チーム
川西康之
Yasuyuki Kawanishi
メンバー紹介へ

freeeはただ会計ソフトを販売するだけでなく、会社経営の在り方や人々の働き方を変える新しい価値観を提供していける会社。それをなるべく多くの方々にお届けするのが私の役目です。そのためにAIとメンバーの力を掛け合わせ、多様な工夫をHackできる、世界に通用するマーケティングチームを目指しています。

Fumiaki Obara
営業チーム
小原史明
Fumiaki Obara
メンバー紹介へ

人のリソースは誰しも1日24時間。それを最大化していくのは重要な課題です。私たちのチームはfreeeをその解決策として使っていただけるよう、会計事務所様への直接訪問だけでなく、テレビ電話等を使ったインサイドセールスを強化しているところです。“いつでもコミュニケーションがとれる”――それもHackの1つ。

Satoko Matsuura
企画チーム
松浦聡子
Satoko Matsuura
メンバー紹介へ

ひと口に会計事務所と言っても、抱える課題や悩みはさまざまです。その個別の課題までHackして、本当に必要な情報をカスタマイズして会計事務所様にお届けしたい。そのためにマーケティングにも自動化を組み込めないか、チームで挑戦しています。皆さまの常識を超えたマーケティング、ご期待ください。

Mayumi Ariizumi
サポートチーム
有泉真由美
Mayumi Ariizumi
メンバー紹介へ

既存の枠に捉われず、発想を転換して新しいものを生み出すのは、人の力でないとできません。それを実現してくれるのがHackの考え方。私が担当している「通帳データ化サービス」もHackから生まれました。これからも、より多くの人にfreeeの世界観をお届けできるように、日々Hackを心がけていきます。

理想ドリブン

理想から考える。
現在のリソースやスキルにとらわれず挑戦し続ける。

「マジ価値」なことをするためには、現状の制約などはとりあえず抜きにして、「どんな状態になっていると理想的か」をまず考えてみる。それと現実とのギャップをいかに埋められるかというところを考えていくことで、いろいろな可能性が広がる。往々にして現状のスキルやリソースにとらわれ、達成出来そうな目標を選んでしまいがちだが、理想の状態を思い描くことで、一人ではできないからチームを動かす、会社を動かす、世の中を動かす、それが「マジ価値」な変革をもたらす原動力になる。

Pick up Voice!

理想ドリブンを追究する
freee社員たち

coming soon