企画チーム

メンバー紹介

2018/02/24
会計事務所とスモールビジネスがハッピーになるきっかけを生み出したいと思っています
メンバー紹介
Profile
スモールビジネスを応援し日本を輝かせたいと信用金庫に入庫。3年間の在職中にもっとスモールビジネスに深く関わり支援したいと考え、2017年にfreee入社。パートナー事業本部に在籍。

現在の仕事内容について教えてください

会計事務所、税理士事務所様向けのマーケティングを担当し、主にセミナーの企画から運営までおこなっています。クラウドベンダーと共にセミナーを開催し、freeeをつかうことによって会計事務所内の業務や顧問先様の業務も効率化でき、それによってできた時間で付加価値の高いお仕事をしていけることをご説明しています。

freee入社前はどのようなことをしてきましたか?

信用金庫で、個人と法人の営業をしていました。留学中に出会った外国の友人に日本の印象を聞いたところ、日本の価値が予想していたよりも認知されていないということを知り、もっと日本を知って欲しい、日本という国の対外的な影響力を高めたいという気持ちが生まれました。その折に、日本の経済基盤はスモールビジネスがほとんどを占めていて、その点は他の国にはない特徴であるという話を聞いて、日本を輝かせるためにスモールビジネスを支えたいと考え、信用金庫に勤めていました。

freee入社のきっかけは?

前職の信用金庫では、幅広い業種の経営者の方と直接お話ができ充実した日々を過ごしていました。従業員1名〜100名まで様々な規模で、それこそ、町工場にスニーカーを履いてうかがうとか。しかし、信用金庫に勤務している私がお客様のお悩みの解決のためにできることは、主に融資でした。融資だけでなく、その先の業務改善まで踏み込みたいと考え、スモールビジネス向けのコンサルタントの仕事を探しはじめました。そんなときにfreeeの「スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」という理念に出合い、そちらに惹かれて入社を決めました。

freeeに入社してからはどのような仕事をしてきましたか?

入社して10ヶ月、これまでに会計事務所、税理士事務所様向けのマーケティングで、Google様やサイボウズ様といったクラウドベンダーをパートナーとしたセミナーの企画から運営までを行いました。GoogleのG Suiteやサイボウズのkintoneとfreeeが連携したことでどれだけ会計事務所様・顧問先のスモールビジネスの方々の業務効率化をはかれるかを説明したり,実際にどちらも使用されている会計事務所様に導入前後の変化をお話しいただたりと、freee、そして、クラウド化の魅力をお伝えしております。

下總 美由紀

業務において困難を感じるときは?

常に、今の業務の効率化を行うことで、その先の未来を描けるような訴求をどういった方法でできるかということに悩んでいます。セミナーにいらっしゃる方がどのようなことに問題点を感じていて、何に興味を持ってくださるか。セミナーに使うスライド1つ取っても、順番が違うだけでいらっしゃるお客様のとらえ方も変化していきます。聞き手がどう思うか何を感じるかをできるかぎり相手の立場になって考え、トライアンドエラーをひたすら繰り返しブラッシュアップしている状況です。

やりがいを感じられるのはどのようなときでしょう?

誰かにいいきっかけを与える仕事をしたいと常々考えています。freeeを全く知らない方に業界の動向やクラウドツールの良さをお伝えするのが今の私の仕事です。
たとえば、会計事務所様がfreeeを使って業務が効率化されると自由な時間ができて、今よりももっと顧問先の企業に寄り添う時間ができる、プライベートでは家族と一緒に過ごす時間が増えるなど、有意義な時間を持てるはずです。freeeの良さを実感した会計事務所の方が顧問先の企業にもfreeeをおすすめし業務改善をす ることで、誰しもがハッピーな環境を作り出していける、そんなきっかけを生み出していきたいです。
freeeをつかってみて、充実した時間を持つことができたというお話を実際にうかがった時に、やりがいを感じました。

最後に、今後の目標を教えてください。

会計事務所様やスモールビジネスの方にfreeeを使っていただき、スモールビジネスを日本の、そして世界の主役にしていきたいです。そうすれば、地域の多様性や特色が出てその土地ならではの個性や魅力が発揮できる=国全体が活性化して日本の底力が上がり、世界からより注目される国となるはずです。
そのためには、もっと自由な発想をしていきたいというのが今後の課題です。信用金庫にいた頃は、こうすべきという方法が決まっていて、その方法に沿って仕事をしていくのが正しいとされていたので。freeeに入社してからはゼロから1を作る仕事に携われるようになりました。もっとインパクトのある企画を考えて実行し、会計事務所様やスモールビジネスの方と手を取り合って現状を変えるきっかけを生み出せるように動き続けていきたいです。

下總 美由紀