企画チーム

メンバー紹介

2018/02/24
会計業界の方々に新しい流れが来ていることを広くお伝えしたい
メンバー紹介
Profile
TKCで会計事務所対象のセールスを行い、在籍中に独立行政法人の中小企業基盤整備機構へ出向。製造メーカーへのEC関連セミナーや、海外での事業化可能性調査に従事した後、2017年6月freee入社。中部支社でのカスタマーサクセス業務に着任後、2018年1月から現職で、セミナー企画を担当。

現在の仕事内容について教えてください

会計事務所を通じて中小企業の方々にfreeeを導入してもらえるように支援するマーケティングを行っています。具体的には、日本公認会計士協会および日本税理士会連合会主催のセミナーで、クラウド会計ソフトとは何かを初心者向けに説明するという内容です。

佐々木 誠

freee入社前はどのようなことをしてきましたか?

TKCで会計事務所向けのセールスをしておりました。基本的に訪問型で、何かあったらすぐ駆けつけますという形で、人と人としてじっくりお付き合いするスタイル。税理士、会計士の方々には直接担当しただけでも200名以上はお会いしてきました。出向した中小機構ではネットショップと海外展開を担当。製造メーカーのネットショップ展開についてセミナーをしたり、フィジビリティ・スタディのために、ミャンマー、シンガポール、ドイツなど海外を訪れたりしていました。

freee入社のきっかけは?

前職の海外出張で日本と海外の会計事務所の在り方が全く違うことを知り、ウェブサービスに興味が出てきました。クラウドサービスはここ10年で見たら画期的に変化していて、保守的な傾向が強い会計事務所もこれに乗っていかなくてはならないし、自分自身も取り入れていくべきではないかと思いまして。そうするのだったらベンチャー企業で頑張りたいと考えていたんです。挑戦的に世の中を変えていく、今までの枠組みを取り払って何かを仕掛けていくのはこの会社だと思って、freeeに飛び込みました。

freeeに入社してからはどのような仕事をしてきましたか?

まずは中部支社のカスタマーサクセスチームのスタッフを半年間。会計事務所の方にfreeeを習熟してもらうための研修などを担当していました。その後本社のパートナー事業本部に異動し、公的団体担当として協会主催のセミナーをする働きは2018年の1月からです。freeeを全く知らない地方の会計事務所様に向けて、クラウド会計ソフトを知ってもらうセミナーを開催しようと、来年度以降に向けて働きかけている状態ですね。

業務において困難を感じるときは?

今まで日本公認会計士協会から招かれて登壇ということはあったのですが、今の業務は全く逆。協会にこちらからセミナーの企画を持ち込みます。営業と言うよりも啓蒙活動に近く、これは同業他社の方も全くしたことがなかったという取り組みです。
実際に、地方の税理士会にセミナーの話を持ち込もうと思っても組織構造が明らかになっておらず、誰にプッシュしたら実現できるのかを探るところから始まります。研修担当の方を紹介してもらいセミナー開催を掛け合って、というのをいかに効率よくできるかが今苦労している点です。
組織構造がわかって研修担当の方にお話ししても一旦反発があることが多いですが、それに臆さず切り込んでいっているのが現状です。

やりがいを感じられるのはどのようなときでしょう?

先でお答えした困難な点こそやりがいに繋がっています。誰もしたことがないことを自分が明らかにしていくという、新しい分野に挑んでいくことに楽しみを感じます。
先日、他のベンダーと4社合同セミナーを奈良支部で行いました。それほど集客に力を入れなくても、自然と70人もの方が参加してくださって、クラウド会計ソフトに興味を持たれていることがうかがえました
。 freeeは他ベンダーと比べて、サポート面でも提供しているサービスでも勝算があると自負しており、実際に、セミナー終了後に参加者の皆様に感想を伺ったところ「freeeが一番良かった」とおっしゃっていただけて、手応えを感じました。

最後に、今後の目標を教えてください。

現在行っているセミナーでの全国制覇ですね。今は企画を担当していますが、ゆくゆくは講師としても登壇したいと思っています。
私は会計事務所業界に長くおりますのでとても愛着があります。会計士・税理士の方々が中小企業の支援をしているのをずっと見ていますが、今のままだと世の中から取り残されてしまうのではと感じる部分が見えてきました。今までどおりの業務のやり方でも問題はないけれども、クラウド会計をつかえば本来やりたいことにフォーカスできる可能性が生まれると、広くお伝えしたい。それが新しいものにチャレンジしてみようかと思われるきっかけとなり、業界全体の底上げに繋がればと思っています。

佐々木 誠