企画チーム

メンバー紹介

人手不足が深刻化していく中で、freeeは労働生産性向上のソリューションとなる
メンバー紹介
Profile
新卒で日本オラクルに入社し、某通信事業者の大規模基幹システムの導入に携わる。
その後、外資系アナリティクス企業に転職し、分析基盤の導入からマーケティング支援までを行う。
現在、会計事務所の新たなビジネス拡大の手段としてfreeeを活用頂けるよう、アライアンスを促進する役割を担う。

現在の仕事内容について教えてください。

主に大規模会計事務所との協業促進、中堅企業への業務改善コンサルティングを担当しております。
freeeを活用した新しいビジネスモデルを提案し、業務改善コンサルティングや経理代行、製版分離モデルなど、会計事務所が顧問先の経理業務を改善・代行できるような体制構築や、高付加価値サービスを展開できるための仕組み作りを、プロジェクトという形で会計事務所と一丸となり創っております。

freee入社前はどのようなことをしてきましたか?

もともとシステムコンサルのバックグラウンドがあります。新卒では日本オラクルに入社し、某通信事業者の大規模基幹システムの導入に携わって参りました。その後、外資系アナリティクス企業に転職し、分析基盤の導入からマーケティング支援までを行って参りました。
大規模クライアントなので一つ一つの案件規模が大きく関係者が多かったため、プロジェクトを円滑に進めていくには組織間調整やスケジュール管理はもちろん重要でした。ただ、案件の規模に関わらず、最も重要なことは「顧客の本質的なニーズ」を的確に汲み取り、いかに新しいビジネスに作り上げていくということだと私は考えています。
システムはあくまでも課題解決の一つの手段に過ぎません。その手段を用いて何がやりたいのか、その結果どういう新しい価値・サービスを生み出していくのかを顧客と共に考え、一緒にビジネスを作り上げているということを常に意識しています。

freeeの入社のきっかけを教えて下さい。

大企業向けシステム導入を進める中で、大企業がその資本力をもって世界最先端のテクノロジーを採用しどんどん力をつけている反面、中小企業はテクノロジーの進化の恩恵を受けていない。大企業と中小企業の企業間のギャップは益々広がっていくという現実に直面していました。
私の実家は小さな会社を経営しています。帰省した際に触れる家業の世界と、仕事で携わる大企業の世界ではテクノロジーのギャップがあまりにも大きいのです。
日本経済の活性化には中小企業の活性化が不可欠です。しかし、今の仕事は大企業と中小企業の技術格差を広げているだけでないかと漠然と考えている中で、freeeに出会いました。
「大企業の資金力をもって実現していた統合業務システムが、クラウドの技術革新により中小企業に開放されるに至った」という時代の転換がついに来たという衝撃と「日本の中小企業をテクノロジーの力で活性化していく」というfreeeのビジョンに心を打たれました。今まで外資系企業で働いてましたが、日本の中小企業活性化のために日本の企業で働きたいと思いfreeeに入社しました。

尾籠 威則

freeeに入社してからは、どのような仕事をしてきましたか?

入社以来、会計事務所向けの支援に従事しております。現在は東京・大阪の大規模な会計事務所を担当させていただいており、日々、事務所や顧問先の企業の抱える課題にどうやってfreeeを活用していくか、会計事務所の皆様と共に取り組んでいます。
会計事務所だけでなく顧問先企業の皆様とお話することも多いです。ほとんどの企業で、ビジネスを伸ばしたくとも伸ばすためのリソースの余裕がないという現状を耳にします。こうした課題を解決するために会計事務所の皆様と一丸となって課題の解決に当たらせていただいています。
freeeは会計領域だけでなく「業務→経理→会計→申告」と企業活動全てを統合した統合業務システム(ERP)であり、「現状のプロセスでやれることはやり尽くした」と考えている企業様でも、freeeを使えば一段深い業務効率化を図ることが可能なケースが多々あるんです。例えば、freeeの自動同期機能と人工知能を活用し自動的に仕訳が生成されるルールを作成したり、営業の方に経費精算や見積などの業務をfreeeで行って頂くことで自動的に仕訳が生成され消し込みまで自動化されたりと、freeeを使い転記作業を一切無くすことができます。こうしたことをお伝えし、実際に活用につなげていただいています。

freee導入で困難を感じる時、逆にやりがいを感じられるのはどのような時でしょう?

freeeは統合業務システム(ERP)の仕組みに人工知能が加わったものとなっているため、従来の会計ソフトと同じ目線で考えてしまうと違いに戸惑われることもあるかもしれません。仕訳を手作業で積み上げていくのではなく、freeeのERPや自動仕訳を使い、仕訳が自動生成される流れを作り上げる。このように、freeeは従来の会計ソフトとは思想・仕組みが異なるのですが、そのことをお伝えし腹落ちいただくことに難しさを感じることはあります。
ただ、従来とは違う新しい仕組みだからこそ会計事務所様が顧問先にに提供できるサービスラインナップは圧倒的に増えると自負しております。例えば、他のクラウド会計ソフトを導入しようとして頓挫した顧問先にも「インターネットバンキングとfreeeを一緒に使えば消込作業や振込作業が自動化出来ますよ」と踏み込んだ提案を頂いたり、さらにより深く経理領域まで踏み込み、顧問先の業務改善につなげていくこともできます。
やりがいを感じることはやはりそういった、freeeならではのメリットを大きく実感していただけたときです。大体3カ月くらいあればビジネス拡大にfreeeを活用して頂く土台が出来上がるのですが、ここまでくれば、これまでには考えられなかった業務改善や各種サービスが実行できるようになります。私もこのプロセスは徹底的にサポートさせていただいています。
先日担当させていただいた100名規模の職員を抱える中堅企業の例ですが、その企業では事業拡大によって経理負荷が増大し試算表が出るのに3ヶ月かかっている状況で、更に3名の経理担当者のうち一名が退職されるという厳しい状況に直面し、freeeを導入することになりました。あらゆる銀行口座を同期し、消し込み・振込の自動化までfreeeの機能をフルに活用することで、導入して2ヶ月も経たずに試算表の作成を15日で終えることができ、作業時間を短縮でき、より付加価値の高いビジネスに専念していただくことができ、非常に好評をいただきました。そうした時にはやはり一番やりがいを感じます。

使ってほしいオススメの機能はありますか?

コメント機能です。freeeのコメント機能は仕訳1つ1つにコメント頂くことが可能で、社内社外問わずやり取りすることができます。
仕訳の判断に迷った際、そこにコメントしておくことで顧問先様と同じ画面上で確認して疑問点を解消することができます。これまでは1件1件メールや電話で確認する必要がありましたが、それがfreeeの画面上だけでやりとりが完結するようになるわけですから、これはかなり便利な機能といえると思います。
1年半前に独立されて、今やfreeeの顧問先が70社を超えている税理士の方は、コメント機能を駆使し、その密接なコミュニケーションが顧問先から非常に好評だとおっしゃっていました。やはり、顧客満足度が顧問先との接触頻度に比例していくことは否めないと思います。コメント機能を使って顧問先様とやり取りする頻度を高めていただくことで、サービスの価値を効率的に高めて頂くことが可能です。クラウド内でコラボレーション出来るというのはクラウドならではの機能ですね。

最後に、アドバイザーの方々にメッセージをお願いします。

毎年、日本の労働人口は60万人減っています。人手不足が深刻化していく中で、労働生産性向上は日本の経済成長における喫緊の課題です。freeeはその状況下で労働生産性を向上のソリューションとしての機能を果たせると考えており、実際にユーザーの皆様、会計事務所の皆様から評価いただいております。
freeeは新しい仕組みだからこそ、これまでになかったビジネスを生み出したり、経理業務までをカバーできるので会計事務所がより顧客に入り込むことができるようになります。そして、業務効率化はほとんどの企業で顕在化したニーズとして現れています。
freeeも中小企業に価値を届けるべく、人員増加を行い今や社員数370名となりました。それでも全国380万の中小企業のニーズを満たしていくには会計事務所の皆様と一緒に盛り上げていくことが必要不可欠です。そのために、会計事務所の新たなビジネス拡大の手段としてfreeeを活用頂けるようアライアンスを促進していけたらと思っています。
私たちもできるかぎりバックアップさせていただきますので、一緒にビジネス拡大を目指し新しい世界を作っていきましょう。

今後の目標

1人でも多くの顧問先の経理業務を楽にしていただくために、すべてのアドバイザーさんに「通帳データ化サービス」をご活用頂くのが目標です。「通帳データ化サービス」はスタートしてわずか2カ月ですが、すでに70以上の事務所に導入していただいており、リピート利用もたくさんしていただいています。
また、freeeには領収書などの証憑類の記帳を高速でおこなえる「連続取引登録」という新機能がありますが、こちらも合わせて活用していただくことで、freeeを使うことで生じる負荷というのもかなり軽減していただけるはずです。
こうしたfreeeの世界をより多くの人に実感していただけるよう、今後も「通帳データ化サービス」をパワーアップさせ、皆さんから「freeeじゃないと、こんな便利な世界は実現できないわ!」と言っていただけるように頑張りたいです

尾籠 威則