営業チーム

メンバー紹介

2018/02/24
目指すのはアドバイザーの皆さまが、専門的な知見をお届けする「リアルタイム経営パートナー」の世界
メンバー紹介
Profile
新卒でトランスコスモス株式会社に入社後、マーケティングリサーチから、コールセンターの人材育成コンサルティングまで幅広く経験。
とくに育成コンサルティングでは、人材(人財)という観点から組織をうまく回していくための仕組み作りを担当。
2015年12月にfreeeへ入社し、当初はカスタマーサポートを担当。
今年4月からパートナー事業本部でfreeeの世界をより多くの人に実感していただけるよう、通帳データ化サービスをパワーアップさせる役割を担う。

今の仕事内容について教えてください。

会計事務所様向けの営業やマーケティング等を行っているパートナー事業本部の中で、「通帳データ化サービス」の立ち上げと運営に携わっています。認定アドバイザーの皆さまをサポートする形はいろいろありますが、この「通帳データ化サービス」は、事務所の皆さまの「会計ソフトに事業資金の出入りを登録する」という日々の手間と労力を少しでも軽減し、有限で大切な時間を確保することを一番の目的としてご提供を始めました。
現在は、日々頂くデータ化の依頼を納期内に正確なデータとして納品するために、メンバーと力を合わせて日々業務にあたっています。

freee入社前のお仕事は?

新卒でトランスコスモスという、ITを活用したさまざまなサービスを提供する会社に入社し、約9年勤めました。そこでマーケティングリサーチといった市場調査から、コールセンターの人材育成コンサルティングまで、幅広い経験をさせていただきました。
とくに育成コンサルティングでは、研修や1対1の個別指導を通して、クライアント企業のコールセンターで働く方たちのスキルアップのお手伝いをしてきました。人材(人財)という観点から組織をうまく回していくための仕組み作りというスキルが得られたと感じています。

freee入社のきっかけを教えてください。

前職で勤続年数10年が見え始めたときに、「ちょっと違う自分を見つけたい」と感じたんです。慣れ親しんだ環境にずっといるより新しいことにもチャレンジしてみたい、まだもう一歩成長できるんじゃないか。そう思って転職を決意しました。実は、転職活動を始めた当時はfreeeのことはまったく知らず、転職エージェントからの紹介でした。
それでもfreeeに入社を決めたのは、何社か面接を受けたなかで、もっともエネルギーを感じ、人への誠意を感じたから。それは会社の在り方としても、私個人に本音でぶつかってきてくれる本気度としても、すごく心に響きました。

有泉 真由美

freeeに入社してからの仕事内容は?

2015年12月に入社し最初に配属されたのはカスタマーサポートチーム。当時freeeのサポートチャネルはチャットとメールのみだったのでコールセンターとは呼びませんが、多くのメンバーとより良い顧客対応を行っていくための集合体には変わりなく、私のこれまでのスキルを活かしてチームの人材育成を担当しました。
freeeのカスタマーサポートは「FCS」と呼ばれています。「Fastest Customer Support」の略で「最速解決を目指すサポート」というわけですね。ユーザー様には経理の手間を減らし、より本業に特化するためにfreeeを使っていただいているのに、問い合わせに時間を取られてしまっては本末転倒です。そのため、各メンバーへの1対1の面談やトレーニングの設定などを通して、最速で確実な解決ができるチーム作りを目指してきました。
そうした経験を経て、今年4月から配属されたのがパートナー事業本部です。こちらでは認定アドバイザーの皆さまの疑問を解消するだけでなく、他社会計ソフトからのデータ移行を丸ごとお手伝いさせていただいたり、新たなクライアントとなるfreeeユーザー様をご紹介するサービスにも携わり、freeeを使っていただく際の障壁をいかに減らしていくかということに取り組んでいます。私が担当している「通帳データ化サービス」もその一環で、5月にスタートしたばかりです。

「通帳データ化サービス」とは何ですか?

freeeを便利に使うためにはインターネットバンキング(以下、IB)との同期が肝心なのですが、すべての企業がIBを使っているわけではありません。その場合、会計事務所では事業資金の入出金をもとに仕訳登録を行うために、通帳の明細をエクセル等に打ち込むことでデータ化し、会計ソフトに取り込まなくてはいけません。そこで始まったのが「通帳データ化サービス」です。
サービス内容は、通帳のコピーやカード明細を送っていただいたら、私どもでそれをデータ化し、freeeに取り込むところまでおこないます。事前にfreee上で「自動登録ルール」を作成しておいていただけば、納品時点で取引登録も完了。いわば、疑似「自動で経理」が実現できるのが特徴です。

運用にあたって苦労する点はありますか?

やはり、正確性とスピードを兼ね合わせるところでしょうか。両方を同時に満たすサービスでなければ、サービスの意味がありませんから。いろいろと試行錯誤を続けていますが、複数名で入力作業を行っているので、いわゆるダブルチェック方法を工夫することで精度を担保するという工夫を取り入れています。
今後はチェック方法にも、freeeが得意とするOCR技術(画像解析の技術)やAI技術を応用できないかと計画しているところです。

どんなふうに活用してほしい?

きっと、アドバイザーの皆さまのなかには「たった数行だし、通帳なんて打ち込んじゃえばいいよね。そのまま仕訳もしたらいいし」と考えていらっしゃる方もいらっしゃると思います。でも発想を変えて、従来こうした作業に費やしていた時間を「そのデータをもとに、顧問先にどういう支援ができるのか」と思考する時間に転換していただくと、皆さまの時間の価値をより引き出せるはずだと私は考えているんです。
もちろん、こうした代行サービスはこれまでにもたくさんありますから、freeeのサービスが新しいというわけではありません。そのなかでなぜ、freeeがこうしたサービスのご提供を始めたかというと、これは私たちが思い描いている世界を体験していただくための1つのきっかけになると考えたからです。
私たちが目指すのはあくまでも、アドバイザーの皆さまが経理業務の自動化と効率化によって顧問先とリアルタイムに情報を共有し、専門的な知見をお届けする「リアルタイム経営パートナー」という世界。freeeが描くその素晴らしい世界観を、たとえIBを導入していなくても体感していただける――そのためのきっかけ=ツールになるのが「通帳データ化サービス」なんです。

最後に、今後の目標を教えてください。

1人でも多くの顧問先の経理業務を楽にしていただくために、すべてのアドバイザーさんに「通帳データ化サービス」をご活用頂くのが目標です。「通帳データ化サービス」はスタートしてわずか2カ月ですが、すでに70以上の事務所に導入していただいており、リピート利用もたくさんしていただいています。
また、freeeには領収書などの証憑類の記帳を高速でおこなえる「連続取引登録」という新機能がありますが、こちらも合わせて活用していただくことで、freeeを使うことで生じる負荷というのもかなり軽減していただけるはずです。
こうしたfreeeの世界をより多くの人に実感していただけるよう、今後も「通帳データ化サービス」をパワーアップさせ、皆さんから「freeeじゃないと、こんな便利な世界は実現できないわ!」と言っていただけるように頑張りたいです。

有泉 真由美