トップページ 読んで学ぶ 革新事業所の成功事例 認定アドバイザーインタビュー 提携業者の活用で店舗開業を丸ごとサポート
認定アドバイザーインタビュー

提携業者の活用で店舗開業を丸ごとサポート

提携業者の活用で店舗開業を丸ごとサポート
Advisor Interview

2015年に開業したアクセルでは、まずは自社の発展が課題。しかし柏野所長は「事務所を大きくするだけが発展ではない」と言う。着実に顧問先を増やしているアクセルの戦略とは、一体何だろう。

「契約してよかった」顧問先の満足度が高い

入力業務はパートのスタッフにお願いしているものの、基本は所長の柏野さんと常勤スタッフ1名の2名体制で事務所を運営しているアクセル。人数が少ないので、いかに業務を効率化し、高付加価値のサービスを提供するかが事務所運営のポイントだ。そのため、公認会計士の資格を持つ柏野さんだが、監査業務は請けず、税務顧問のみに絞り、とくに店舗の開業支援に特化するという方針を打ち出している。

「もちろん1件1件の単価は監査業務の ほうが高いですが、税務顧問は資格がなくてもできる部分が多いので、組織化しやすく、数を集められて収益も安定しやすいというメリットがあります。私はなるべく業務が属人化せず、スタッフのスキルに頼らない形で“仕組み化”していきたいんです」

アクセルが注力している開業支援では、飲食店を手がけることが多い。というのも、飲食店専門の内装業者や集客サポートの専門家、チラシのデザイナーなどと提携して、飲食店の相談事に丸ごと対応できる体制を整えているからだ。
新たに開業の相談に来た飲食店オーナーに提携業者を紹介することもあれば、逆に提携業者から新規開業のオーナーを紹介してもらうこともしばしば。創業フェーズでの困りごとはある程度決まっているので、その点での解決策を豊富に取り揃えられているのが大きい。
それゆえ、開業支援をした飲食店オーナーからは、「契約してよかった」との声が高く、そのまま税務顧問を依頼されることが多いという。

「契約してよかった」顧問先の満足度が高い

ITに習熟していない人でも使える freeeの活用法

そんな柏野さんにとっては、freee も提携業者の1つと言える。freee の認定アドバイザー制度を活かして顧問先の獲得もできるし、経理の軽量化ができる freee は飲食店オーナーにもおすすめだからだ。開業時は、他に使い慣れたソフトがあるわけではないので、じつに9割の顧問先が freee を使用しているという。

さらには、その freee の活用方法も少し変わっている。通常、freee を使う場合、経理を知らない人でも自計化できるというのがメリットの1つでもあるのだが、アクセルでは顧問先が freee の画面を開くことは稀で、指定した Excel シートに記録してもらうだけということが多いのだ。Excelのデータをもらったら、freee に取り込んで登録するのはアクセルの仕事。そうすることで、IT に習熟していない人でもお小遣い帳を付ける感覚で記録してもらえるという。

「私たちの顧客には、ITリテラシーが高い方はそれほど多くありません。となると、freee の使い方を覚えるのも面倒だし、アプリを使うのも面倒、そもそもネットバンキングの口座を持っていないという顧客の方の手間も省けます。また、顧客の方が間違ったやり方で freee を使ってしまうということもなくなるので、両者にとって効率がいいんです」

アクセルでは6割がこうした半自計化で、残りの4割が記帳代行だという。その場合も、証憑を分類するためのファイルを作成して顧問先に渡し、毎月もらう資料に漏れがないよう配慮。あとはスタッフに入力してもらうという手順で、 スピードと正確性を実現している。

目指すのは1人100件担当、スタッフの年収1000万円!

こうして作業効率を上げていくと、付加価値を高めることにも注力できる。

「創業者さんは、身近に相談できる人がいないというのも悩みの1つ。判断の指針になるような答えが欲しいんです。会計や数字を見ている私たちには、とくにそれが期待されている。ですから、経営や税務の相談はもちろん、集客からマーケティング、料金改定に至るまで、顧問料の中でさまざまなアドバイスをしています」

現在、アクセルの顧問先は60数社。月次のルーチンワークはスタッフ1人に任せ、柏野さんは決算前の納税予測や申告書作成、相談業務などを担当している。

「これまではスタッフ1名につき30件程度が限界でしたが、freee を使い、事務所を仕組み化していくことで50件の担当が余裕になりました。私の体感では恐らく1人当たり100件はいけるでしょう。未経験のスタッフでも、数年経験を積めば年収1000万円ほどのお給料がもらえる――そういう報酬体制を目指しています」と語る柏野さんにとって、それこそが目指す事務所の発展の形だ。

闇雲に「拡大路線」をとるのではなく、スキルの高いスタッフに頼るのでもなく、仕組み化で1人当たりの担当件数を増やし、顧客もスタッフも満足度の高い事務所。つまりそれは、小回りが利き、リスクも低く、経費も最低限で済む運営手法(ちなみに、現在アクセルが入っているのも川崎のシェアオフィス)というわけで、時代の流れを見据えた合理的な判断と言える。

「そのためには、生産性を下げる要因になるようなお客様とは仕事をしないという選択も必要になってくるでしょうね。こちらが提案したことを受け入れる余地がないと、お互いにいい結果には結びつきませんから。うちでは成長を急いではいませんが、こうして安定的に100件までは同じ体制で増やしていきたいです」

Company Profile

公認会計士税理士事務所 アクセル

神奈川県川崎市幸区幸町2丁目593番 モリファーストビル4F NAGAYAかわさき
044-440-3066
中小企業の事業発展を促進する会計事務所を作りたいという思いから、2015年に公認会計士税理士事務所アクセルを開業。顧問先ゼロからスタートし、1年目は集客の仕組み作りに注力、2年目からは会計freeeを活用した業務効率化に着手。月平均3社のペースで新規獲得しており、スタッフの負担を考慮しながら、着実な事務所成長戦略をとることを目標としている。

認定アドバイザーインタビュー一覧